エチラームの作用

国内で一番使われている抗不安薬といってもいい「デパス」のジェネリック品として有名な薬「エチラーム」。
チエノジアゼピン系の抗不安薬として販売されています。
インドの製薬会社である(Intas Pharmaceuticals Ltd社)によって製造されており、ジェネリックなため価格が安いという魅力があり、デパスよりお求め安く、更に同じ効果を得ることができます。

うつ病や自律神経失調症、パニック障害などに効果のある精神安定剤として使用されている薬で、ストレスからくる不安によって睡眠に障害が出てしまっている場合などには睡眠導入剤として使用されております。
緊張や不安などを和らげてくれ、落ち着かせてくれる働きがありますので、イライラしてしまいなかなか眠ることができないという方などに効果的だと言われております。
不安や緊張によって固まってしまった筋肉をゆるめてくれますので、身体をリラックスさせて眠ることができるようになります。

エチラームは先発医薬品であるデパスに配合されている成分と同じく、エチゾラムという緊張を抑制する成分が含まれています。緊張の時の不安感などを取り除き、筋肉の緊張をほぐし、リラックス効果を得ることができます。ベンゾジアゼピン受容体というタンパク質の働きを調節し、不安を感じる神経の活動を抑制できて、脳の興奮を和らげ、異常な緊張感を感じにくくなります。

エチラームの作用の持続時間は比較的短いですが、即効性が高いのが特徴のため、飲んだらすぐに効果が現れ、3~4時間をさかいに徐々に薬が薄れていきます。1日中緊張状態を抑えたいということであれば、インデラル系のテノーミンがおすすめですが、ポイントポイントでしっかりと緊張を抑えたい時にデパスは有効です。

エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる 不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です