エチラームの効果と成分

エチラームは緊張を抑える働きのある薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で販売されている医薬品です。
病院に通院し、医師に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。

エチラームに対しても同様の不安や疑問を感じている人もいるでしょうが、ここで解説しますので参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

エチラームに配合されている成分
この薬にはエチゾラムと呼ばれる成分が配合されています。
これはエチラームの先発医薬品であるデパスに配合されている成分とまったく同じものです。

エチラームを使用することでもたらされる作用・効果効能
エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。
使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です