エチラームの販売詳細

エチラームは緊張を抑える働きのある薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で販売されている医薬品です。主成分エチゾラムは、脳の興奮状態を緩和する「精神安定剤・心身安定剤・抗不安剤」のお薬で、中枢神経の覚醒や緊張を抑える働きがあり、神経の高まりを鎮める効果があります。う病院に通院し、医師に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、同時にパニックアタック、ノイローゼ、不眠、筋緊張型頭痛、過敏性腸症候群、高血圧症など身体の疾患の治療にも用いられます。。ストレスからくる不安によって睡眠に障害が出てしまっている場合などには睡眠導入剤として使用されております。ベンゾジアゼピン系のデパスと同等の作用があります。

様々な病気の改善に利用されており、不安神経症だけでなく、緊張状態の緩和や鎮静作用があります。このため睡眠導入剤としても、幅広く内科・心療内科などで処方されています。睡眠導入剤のなかでは、比較的穏やかな作用を促すお薬で、睡眠薬に抵抗がある方でも安心して使用できます。また、抗不安薬のなかでも副作用が出にくいとされているため、安全性の高いお薬や、おだやかな効き目の睡眠導入剤をお求めの方にもおすすめです。症状によって用法、容量は異なりますので服用の際は、必ず医師、薬剤師の指示を仰ぎ服用を願いします。うつ、神経症の場合は1日3mgを1日3回に分けて服用してください。頸椎症、筋収縮性頭痛の場合は1日1.5mgを1日3回に分けて服用してください。睡眠障害の場合は1日1~3mgを就寝前に1回服用してください。

エチラームの副作用についての話ですが、基本、デパスのジェネリックですので副作用はデパスと同じです。副作用は効果の強さに比べて少ない事が知られていますが、それでも眠気、ふらつき、倦怠感、注意力・集中力の低下が現れることがあります。服用後集中力を要する車の運転等は行わないでください。また、睡眠薬や抗不安薬に共通して言える事ですが、アルコールと同時摂取する事で薬が強く効きすぎ、思わぬ重大な副作用が現れる事があるため、服用中にお酒を飲む事は注意しなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です