抗うつ剤いったいどんなものですか?|エチラームの購入情報につてい

抗うつ剤とは、うつ病の治療として用いられている薬剤です。薬剤の成分が脳の神経に直接作用する事で抑うつ状態やうつ病を患っている人に対して、脳内環境を整えて精神状態を安定させるために精神科から処方される薬剤です。抗うつ剤には、うつ病の患者や心の病を持っている人に対しての治療や改善効果がありますが、薬剤の作用機序や副作用について詳しく解説します。

抗うつ剤の効果

人間には様々な感情が備わっていますが、人によって性格に違いがありイライラしやすい人や落ちこみやすい人など感情の波が激しい人も多く存在しています。生まれ持った性格による影響もありますが、普段から感情をバランスよく保っている人でも慢性的なストレスや急な環境変化・心理変化によりうつ病になる可能性があります。

脳科学では、うつ病になる原因として脳内物質にある「セロトニン」(NAd)や「ノルアドレナリン」(5-HT)が不足する事によるものと考えられています。その要因としては慢性的なストレスや急な環境変化や生活習慣の変化などから影響しているとされており、うつ病を患っている人は何かしら脳内物質の神経伝達が乱れています

抗うつ剤を服用する事で、乱れた脳内環境のバランスを整える優れた効果があります。薬剤の作用機序(薬剤が体に作用させる仕組み)としては、薬剤の成分が不足している脳内物質のセロトニンとノルアドレナリンを増加させて、減少しようとする脳内物質を最小限に抑える事により脳内環境のバランスを保ち正常にします。このように脳内環境を整える事によって、脳から精神面への伝達がスムーズになり、生きる活力や人間本来が持つ意欲や欲求といったものが生まれるようになります。

セロトニンは食欲・睡眠欲・性欲といった人間の欲求を生み出すものであり、気分や感情を上手くコントロールします。ノルアドレナリンは神経を興奮させて「意欲・緊張・不安」などの精神面を活性化させるものです。

どちらの脳内物質も増えすぎても減りすぎても精神面の変化が激しくなり、自身ではなかなか感情をコントロールするのが難しくなってしまいます。セロトニンとノルアドレナリンの物質量がバランスよく保たれる事で心身ともに満たされるようになります。

私たちは脳と精神面は全くの別物と捉えがちですが、心身を動かすために脳内環境を整えるという事は精神面も同時に整える事に繋がるため、精神面を整える効果のある抗うつ剤の存在は非常に大きいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です