エチラームの作用

国内で一番使われている抗不安薬といってもいい「デパス」のジェネリック品として有名な薬「エチラーム」。
チエノジアゼピン系の抗不安薬として販売されています。
インドの製薬会社である(Intas Pharmaceuticals Ltd社)によって製造されており、ジェネリックなため価格が安いという魅力があり、デパスよりお求め安く、更に同じ効果を得ることができます。

うつ病や自律神経失調症、パニック障害などに効果のある精神安定剤として使用されている薬で、ストレスからくる不安によって睡眠に障害が出てしまっている場合などには睡眠導入剤として使用されております。
緊張や不安などを和らげてくれ、落ち着かせてくれる働きがありますので、イライラしてしまいなかなか眠ることができないという方などに効果的だと言われております。
不安や緊張によって固まってしまった筋肉をゆるめてくれますので、身体をリラックスさせて眠ることができるようになります。

エチラームは先発医薬品であるデパスに配合されている成分と同じく、エチゾラムという緊張を抑制する成分が含まれています。緊張の時の不安感などを取り除き、筋肉の緊張をほぐし、リラックス効果を得ることができます。ベンゾジアゼピン受容体というタンパク質の働きを調節し、不安を感じる神経の活動を抑制できて、脳の興奮を和らげ、異常な緊張感を感じにくくなります。

エチラームの作用の持続時間は比較的短いですが、即効性が高いのが特徴のため、飲んだらすぐに効果が現れ、3~4時間をさかいに徐々に薬が薄れていきます。1日中緊張状態を抑えたいということであれば、インデラル系のテノーミンがおすすめですが、ポイントポイントでしっかりと緊張を抑えたい時にデパスは有効です。

エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる 不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

エチラームの効果と成分

エチラームは緊張を抑える働きのある薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で販売されている医薬品です。
病院に通院し、医師に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。

エチラームに対しても同様の不安や疑問を感じている人もいるでしょうが、ここで解説しますので参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

エチラームに配合されている成分
この薬にはエチゾラムと呼ばれる成分が配合されています。
これはエチラームの先発医薬品であるデパスに配合されている成分とまったく同じものです。

エチラームを使用することでもたらされる作用・効果効能
エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。
使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

エチラームの副作用

エチラームは緊張を緩和する薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で発行されている治療薬です。病院に通院し、医者に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。精神科などを受診するとよく処方される抗不安薬デパスとは名称こそ違いはありますが、ジェネリックとして発行されている以上、成分などは同様だと思われます。そのため、エチラームの効き目や持続時間、副作用などについてはデパスと同様と考えて良いでしょう。緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。
エチラームの副作用
まず、眠気や注意力、集中力の低下が現れることがありますので、車の運転や機械の操作などは行わないようにしなくてはなりません。
特に、はじめのうちは慣れていないので、眠気を感じることも多いようです。
また、他に飲んでいるお薬があれば、飲み合わせも関係してきますので、医師の指示を仰がなくてはなりません。
そして、抗てんかん薬や抗ヒスタミン剤、睡眠薬などの併用は、鎮静状態やうつ状態を促進し、歩行失調や錯乱などを引き起こしやすくなってしまいますので、注意が必要です。

アルコールを飲んでいる時に薬を使用すると、作用が強く出てしまう場合がありますから、薬を飲んでいる間は飲酒も控えましょう。
このあたりは、風邪薬などの他の一般的なお薬と変わらない注意事項ですので、理解しやすいですね。

他には、めまいや疲労感、脱力感、ふらつき、頭痛やうつ、混乱、幻覚歩行失調、発疹や吐き気、口の乾燥や性欲の変化なども見られる場合があります。
高齢者やお子さんが服用した場合には、効果が強く出てしまうこともあり、精神面や行動面での変化、攻撃性が高くなったりしてしまいますので、使用には注意が必要です。
特に高齢者の方は、ふらつきから転倒してしまうことがありますので、薬を服用した後の行動は、気をつけましょう。
エチラームの長期服用により、耐性や依存性が生じる可能性があります。薬によって神経の興奮を抑えた状態が続くと、それに抵抗するために身体は神経を興奮させる物質を増やし神経シグナルを増強させます。