抗うつ剤いったいどんなものですか?|エチラームの購入情報につてい

抗うつ剤とは、うつ病の治療として用いられている薬剤です。薬剤の成分が脳の神経に直接作用する事で抑うつ状態やうつ病を患っている人に対して、脳内環境を整えて精神状態を安定させるために精神科から処方される薬剤です。抗うつ剤には、うつ病の患者や心の病を持っている人に対しての治療や改善効果がありますが、薬剤の作用機序や副作用について詳しく解説します。

抗うつ剤の効果

人間には様々な感情が備わっていますが、人によって性格に違いがありイライラしやすい人や落ちこみやすい人など感情の波が激しい人も多く存在しています。生まれ持った性格による影響もありますが、普段から感情をバランスよく保っている人でも慢性的なストレスや急な環境変化・心理変化によりうつ病になる可能性があります。

脳科学では、うつ病になる原因として脳内物質にある「セロトニン」(NAd)や「ノルアドレナリン」(5-HT)が不足する事によるものと考えられています。その要因としては慢性的なストレスや急な環境変化や生活習慣の変化などから影響しているとされており、うつ病を患っている人は何かしら脳内物質の神経伝達が乱れています

抗うつ剤を服用する事で、乱れた脳内環境のバランスを整える優れた効果があります。薬剤の作用機序(薬剤が体に作用させる仕組み)としては、薬剤の成分が不足している脳内物質のセロトニンとノルアドレナリンを増加させて、減少しようとする脳内物質を最小限に抑える事により脳内環境のバランスを保ち正常にします。このように脳内環境を整える事によって、脳から精神面への伝達がスムーズになり、生きる活力や人間本来が持つ意欲や欲求といったものが生まれるようになります。

セロトニンは食欲・睡眠欲・性欲といった人間の欲求を生み出すものであり、気分や感情を上手くコントロールします。ノルアドレナリンは神経を興奮させて「意欲・緊張・不安」などの精神面を活性化させるものです。

どちらの脳内物質も増えすぎても減りすぎても精神面の変化が激しくなり、自身ではなかなか感情をコントロールするのが難しくなってしまいます。セロトニンとノルアドレナリンの物質量がバランスよく保たれる事で心身ともに満たされるようになります。

私たちは脳と精神面は全くの別物と捉えがちですが、心身を動かすために脳内環境を整えるという事は精神面も同時に整える事に繋がるため、精神面を整える効果のある抗うつ剤の存在は非常に大きいのです。

ジェイゾロフトについての基本情報

ジェイゾロフトはセルトラリンと言いました。ジェイゾロフトはうつ病・うつ状態、パニック障害、外傷後ストレス障害などに対して効果があります。これから、ジェイゾロフトについてことを紹介しましょう。

ジェイゾロフトの歴史についてこと

ジェイゾロフトは2006年に生産される抗うつ剤です。同年に処方が開始されましたが、アメリカではゾロフトという商品名で1991年にはFDAから認可が下りており、アメリカでは既に幅広く処方されています。

ジェイゾロフトはセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くという特徴を持っており、気分を楽にさせる作用のあるセロトニンを増やすことで抗鬱効果を発揮させようと言うアプローチを取っていますが、それ以外の「余計なところには作用しない」という特徴により、従来の抗うつ剤に多かった副作用(口が渇いたり、便秘、立ちくらみなどの症状が一般的です)の大幅な軽減を実現しています。。

ジェイゾロフトは、適応症としてうつ病及びうつ状態、パニック障害が挙げられており、2015年には外傷後ストレス障害(PTSD)に対する効能・効果の追加承認を取得しています。また、アメリカでは強迫性障害の治療薬としての認可も受けており、その他にも摂食障害など、様々な心の不具合への効果も期待されています。

そして、ジェイゾロフトは三環系抗うつ剤などの古いタイプの抗うつ剤の最大の弱点であった「致死量の絶対値が低い」という問題点をある程度はクリアしています。しかしながら、薬というものは化学物質ですので、大量に人体にそれが取り入れられれば、よからぬ事態に発展することは言うまでもありません。

ジェイゾロフトの副作用についてこと

SSRIの中でもジェイゾロフトは、セロトニン系以外の余計なところに作用しないため、副作用が出にくいお薬になります。臨床的な実感としてもジェイゾロフトの副作用は他のSSRIと比べると少なめだと感じます。ただし性機能障害は他のSSRIと比べてやや多めで、便秘ではなく下痢・軟便になりやすいという副作用の特徴はありますが、全体的にみると、副作用は少なめと考えていいと思います。総合的に見て、ジェイゾロフトの安全性は高いと言っていいでしょう。

ジェイゾロフトの効果についてこと

・うつ病、うつ状態することが改善できます。

・パニック障害することが改善できます。

・外傷後ストレス障害(PTSD) することが改善できます。

ジェイゾロフトと眠気についてこと

ジェイゾロフトを飲んで眠くなった、と感じるなら、副作用の可能性の他に、睡眠の質が浅くなったことが影響している可能性があります。抗うつ剤の影響で脳内のセロトニン濃度が増えると、寝つきが悪くなったり、睡眠が浅くなることがあります。なぜなら、セロトニンは先ほども述べたように覚醒作用があるからです。もしも朝起きた時に疲れがとれていなかったり、悪い夢を見るようになった、など、心当たりがあるなら、良質な睡眠がとれていない可能性があります。

夜中に良質な睡眠がとれていなければ、日中激しい眠気に襲われるのもうなずけます。眠気が強すぎて日常生活に支障をきたす場合には医師に相談しましょう。夜きちんと睡眠がとれるように睡眠剤が処方される可能性があります。その他の対処法としては、薬の服用時間帯を変える、服用量を減らす、などの方法がとられることもあります。飲み始めに眠気が強くても、体が薬に慣れるにつれ改善されることもあるので、まずは様子を見てみるのも良いでしょう。

上記はジェイゾロフトについてことを紹介しました。興味がある方は、是非ご覧ください。でも、購入するときに、自分の症状によって選んでください。

from:http://ngbaus.org/

エチラームの個人輸入

国内で一番使われている抗不安薬といってもいい「デパス」のジェネリック品として有名な薬「エチラーム」。チエノジアゼピン系の抗不安薬として販売されています。主成分エチゾラムは、脳の興奮状態を緩和する「精神安定剤・心身安定剤・抗不安剤」のお薬です。精神的なストレス・不安要素・苛々感などの緩和にも効果を発揮するお薬です。うつ病や自律神経失調症、パニック障害などに効果のある精神安定剤として使用されている薬で、ストレスからくる不安によって睡眠に障害が出てしまっている場合などには睡眠導入剤として使用されております。

緊張や不安などを和らげてくれ、落ち着かせてくれる働きがありますので、イライラしてしまいなかなか眠ることができないという方などに効果的だと言われております。不安や緊張によって固まってしまった筋肉をゆるめてくれますので、身体をリラックスさせて眠ることができるようになります。また不安や緊張によって固まってしまった筋肉をゆるめてくれる筋緊張緩和作用もありますので、肩こりや背中の張りや重み、緊張型頭痛、頸椎症、痙攣性などの症状を改善するために整形外科で処方されることもあります。

エチゾラムが2016年8月に向精神薬に指定されることが決定しましたが、これによってデパスやエチラームが個人輸入できなくなりました。麻薬及び向精神薬取締法によって、向精神薬の場合はたとえ個人輸入でも国内に持ち込むことすらできないルールになっているのです。国内の医療従事者は処方の仕方について改める必要がでてきますが、同時に個人輸入で海外からデパスやエチラームを購入していた方にも大きな影響がでます。

エチラームの販売詳細

エチラームは緊張を抑える働きのある薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で販売されている医薬品です。主成分エチゾラムは、脳の興奮状態を緩和する「精神安定剤・心身安定剤・抗不安剤」のお薬で、中枢神経の覚醒や緊張を抑える働きがあり、神経の高まりを鎮める効果があります。う病院に通院し、医師に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、同時にパニックアタック、ノイローゼ、不眠、筋緊張型頭痛、過敏性腸症候群、高血圧症など身体の疾患の治療にも用いられます。。ストレスからくる不安によって睡眠に障害が出てしまっている場合などには睡眠導入剤として使用されております。ベンゾジアゼピン系のデパスと同等の作用があります。

様々な病気の改善に利用されており、不安神経症だけでなく、緊張状態の緩和や鎮静作用があります。このため睡眠導入剤としても、幅広く内科・心療内科などで処方されています。睡眠導入剤のなかでは、比較的穏やかな作用を促すお薬で、睡眠薬に抵抗がある方でも安心して使用できます。また、抗不安薬のなかでも副作用が出にくいとされているため、安全性の高いお薬や、おだやかな効き目の睡眠導入剤をお求めの方にもおすすめです。症状によって用法、容量は異なりますので服用の際は、必ず医師、薬剤師の指示を仰ぎ服用を願いします。うつ、神経症の場合は1日3mgを1日3回に分けて服用してください。頸椎症、筋収縮性頭痛の場合は1日1.5mgを1日3回に分けて服用してください。睡眠障害の場合は1日1~3mgを就寝前に1回服用してください。

エチラームの副作用についての話ですが、基本、デパスのジェネリックですので副作用はデパスと同じです。副作用は効果の強さに比べて少ない事が知られていますが、それでも眠気、ふらつき、倦怠感、注意力・集中力の低下が現れることがあります。服用後集中力を要する車の運転等は行わないでください。また、睡眠薬や抗不安薬に共通して言える事ですが、アルコールと同時摂取する事で薬が強く効きすぎ、思わぬ重大な副作用が現れる事があるため、服用中にお酒を飲む事は注意しなくてはなりません。

エチラームの作用

国内で一番使われている抗不安薬といってもいい「デパス」のジェネリック品として有名な薬「エチラーム」。
チエノジアゼピン系の抗不安薬として販売されています。
インドの製薬会社である(Intas Pharmaceuticals Ltd社)によって製造されており、ジェネリックなため価格が安いという魅力があり、デパスよりお求め安く、更に同じ効果を得ることができます。

うつ病や自律神経失調症、パニック障害などに効果のある精神安定剤として使用されている薬で、ストレスからくる不安によって睡眠に障害が出てしまっている場合などには睡眠導入剤として使用されております。
緊張や不安などを和らげてくれ、落ち着かせてくれる働きがありますので、イライラしてしまいなかなか眠ることができないという方などに効果的だと言われております。
不安や緊張によって固まってしまった筋肉をゆるめてくれますので、身体をリラックスさせて眠ることができるようになります。

エチラームは先発医薬品であるデパスに配合されている成分と同じく、エチゾラムという緊張を抑制する成分が含まれています。緊張の時の不安感などを取り除き、筋肉の緊張をほぐし、リラックス効果を得ることができます。ベンゾジアゼピン受容体というタンパク質の働きを調節し、不安を感じる神経の活動を抑制できて、脳の興奮を和らげ、異常な緊張感を感じにくくなります。

エチラームの作用の持続時間は比較的短いですが、即効性が高いのが特徴のため、飲んだらすぐに効果が現れ、3~4時間をさかいに徐々に薬が薄れていきます。1日中緊張状態を抑えたいということであれば、インデラル系のテノーミンがおすすめですが、ポイントポイントでしっかりと緊張を抑えたい時にデパスは有効です。

エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる 不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

エチラームの効果と成分

エチラームは緊張を抑える働きのある薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で販売されている医薬品です。
病院に通院し、医師に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。

エチラームに対しても同様の不安や疑問を感じている人もいるでしょうが、ここで解説しますので参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

エチラームに配合されている成分
この薬にはエチゾラムと呼ばれる成分が配合されています。
これはエチラームの先発医薬品であるデパスに配合されている成分とまったく同じものです。

エチラームを使用することでもたらされる作用・効果効能
エチラームの作用の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。
使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

エチラームの副作用

エチラームは緊張を緩和する薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で発行されている治療薬です。病院に通院し、医者に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。精神科などを受診するとよく処方される抗不安薬デパスとは名称こそ違いはありますが、ジェネリックとして発行されている以上、成分などは同様だと思われます。そのため、エチラームの効き目や持続時間、副作用などについてはデパスと同様と考えて良いでしょう。緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。
エチラームの副作用
まず、眠気や注意力、集中力の低下が現れることがありますので、車の運転や機械の操作などは行わないようにしなくてはなりません。
特に、はじめのうちは慣れていないので、眠気を感じることも多いようです。
また、他に飲んでいるお薬があれば、飲み合わせも関係してきますので、医師の指示を仰がなくてはなりません。
そして、抗てんかん薬や抗ヒスタミン剤、睡眠薬などの併用は、鎮静状態やうつ状態を促進し、歩行失調や錯乱などを引き起こしやすくなってしまいますので、注意が必要です。

アルコールを飲んでいる時に薬を使用すると、作用が強く出てしまう場合がありますから、薬を飲んでいる間は飲酒も控えましょう。
このあたりは、風邪薬などの他の一般的なお薬と変わらない注意事項ですので、理解しやすいですね。

他には、めまいや疲労感、脱力感、ふらつき、頭痛やうつ、混乱、幻覚歩行失調、発疹や吐き気、口の乾燥や性欲の変化なども見られる場合があります。
高齢者やお子さんが服用した場合には、効果が強く出てしまうこともあり、精神面や行動面での変化、攻撃性が高くなったりしてしまいますので、使用には注意が必要です。
特に高齢者の方は、ふらつきから転倒してしまうことがありますので、薬を服用した後の行動は、気をつけましょう。
エチラームの長期服用により、耐性や依存性が生じる可能性があります。薬によって神経の興奮を抑えた状態が続くと、それに抵抗するために身体は神経を興奮させる物質を増やし神経シグナルを増強させます。